プレミアムバンダイ限定 仮面ライダーW DXサウンドカプセルガイアメモリコンプリートセレクション2


スポンサードリンク




戦国バサラ予約してると持ったら忘れてた、てへ☆
そーんな事はどうでも良いんだ!!
来ました、来ましたよ!
サウンドカプセルガイアメモリコンプリートセレクション2
仮面ライダーWよりガイアメモリコンプリートセレクション2!
仮面ライダーWより劇中でのキーアイテムである「ガイアメモリ」
主人公の変身アイテムとして使われると同時に、怪人の変身アイテムであるこのアイテム。
A~Zまでの頭文字からなる様々なメモリが登場。
そのガイアメモリがプレミアムバンダイにてA~Zをコンプリートして登場。
第一弾はWの敵組織ミュージアムが開発した第一世代のガイアメモリ。
外装は骨を纏い恐ろしい感じに仕上げておりました。
そして今回のコンプリートセレクション2では、映画「仮面ライダーW AtoZ運命のガイアメモリ」に登場した次世代ガイアメモリ「T2ガイアメモリ」で登場。
外装はWが使っていたガイアメモリと同じで、A~Zはミュージアムと一部同じだが新規メモリもあって違った存在感がある。
ガイアメモリ自体は、食玩、またはカプセル版と同じ仕組みとなっており、音声はメモリ名と効果音がデフォルトである。
では、そろそろレビューの方に参りたいと思います。
いや~久々だね、最新玩具はw
では、参る!!
サウンドカプセルガイアメモリコンプリートセレクション2
と言っても画像少ないんで分割はしないけどね。
さて、見ての通りパッケージは表が仮面ライダーWの印象深いOPとなっております。
闇夜の風都に佇むW・・・
風都の守護者って感じですね。
その裏には劇場版でWと死闘を繰り広げた仮面ライダーエターナル。
同じ闇夜の風都に佇み、Wと対を成す感じですね。
丁度Vシネマ「仮面ライダーエターナル」が発売中とあってタイミングが良いですね。
さて、パッケージを開けると待望のT2ガイアメモリのお披露目です!
サウンドカプセルガイアメモリコンプリートセレクション2
劇中で登場したA~Zに9本のガイアメモリが追加されてます。
まずはA~Zのガイアメモリから。
基本構成はメモリ名→ドーパント変身音ですが、長押しだとマキシマムドライブに変わります。
その内、エターナル、ジョーカーはメモリ名→ドライバーオープン音となり、長押しは変身音となります。
次に追加メモリですが、映画「仮面ライダー×仮面ライダー W(ダブル)&ディケイド MOVIE大戦2010」より「スカル」「死神博士」
映画「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE」より「バット」「スパイダー」「メモリー」
TV劇中より「ボム」「オーシャン」「アクセル」
そしてVシネマ「仮面ライダーアクセル」より「ガイアメモリ強化アダプター付きアクセルメモリ」となっております。
さて、ここで疑問は何故スカルとアクセルメモリがついているのか?
検証してませんが、コネクタの色からWドライバー用に作ったものだと思われます。
まあ、どっかで確認してくれるでしょう。
で、ボムメモリは間違いなくトリガーマグナム用でしょう。
持ってないけど・・・
オーシャン、死神博士、バット、スパイダーはドーパントメモリと同じで特に追加なし。
メモリーも同じですが、メモリーと言えばオーメダルセットEX!
メモリーなのに仮面ライダーコアとしか言わないあれとは違います!
むしろこっちをコアにした方が良かったんじゃないかと・・・
さて、コンプリートセレクション1での目玉シークレットは大型メモリのケツァルコアトルでしたが、今回の大型メモリはガイアメモリ強化アダプター付きアクセルメモリです!
音声はダウンロード→アクセル、アダプターは取り外し不可能です。
実質、計三個のアクセルメモリがついてくる事となります。
アクセル祭りのセレクション2ですね。
ってかアダプターは別に一体化しなくても良いんじゃないのか?
ちなみにアダプター部分のギミックは無く、完全な飾りです。
大きさが良いだけにちょっと勿体無いですね。
前回はレビューしませんでしたが、今回はパッケージの興奮から思わずレビューに走りました。
基本的にはドーパントメモリと変わりないのですが、今回ボムメモリが一番のアイテムではないでしょうか?
後、エターナル同様に全T2を使いネバーエンディングヘルは可能ですが、実行できる猛者はいるのかどうか?
まあ、一人じゃ鳴らせんわな。
さて、1と同様に置き場所どうしよう・・・意外とデカいんだよコンセレ。

プレミアムバンダイ



スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »