任天堂とDeNAが業務、資本提携 新プラットフォーム「NX」発表


スポンサードリンク




任天堂と言えば、TVゲームの歴史を創りだしたゲーム会社でその名は世界中に知れ渡っております。

そしてDeNAはモバイル向けポータルサイトの企画・運営等を行う会社で、スマホのゲームアプリの展開が有名。

その二社が業務提携との事ですが、任天堂と言えば自社開発のゲーム機でのゲーム展開をし、スマホアプリへの参入はしてきませんでした。

ニンテンドー3DS、WiiUでのゲーム機の機能を拡張させていき、独自の路線をとっていましたが、今回の業務提携にてスマホ市場への参入意思を表示。

また、スマホゲーム、家庭用ゲーム機を分断、顧客を偏らせず、円滑にするためにスマホと家庭用ゲーム機を結ぶプラットフォーム「NX」を発表、来年には具体的な詳細を発表予定となり、ゲーム市場はまた新たな一歩を踏み出す事になると思われます。

NXについてですが今の所簡単に説明するとセガの「ぷよぷよクエスト」がスマホとゲームセンターの筐体と連動出来るのですが、それを家庭で出来るようにしようと言うのがNXだと思われます。

一応、個人的な想像なので違ったりするかもしれませんが、大体こんな感じなのかなと・・・・

まあ、確かにスマホアプリが家の画面で出来たり、家のゲームがスマホで出来たりすれば便利ですよね。

今後任天堂のゲームがスマホアプリとして出るのかは分かりませんが、3DSやWiiUとは違った感じになるのかどうか?

後、アミーボとかどうなるのでしょうね?まだ一体も買ってないけど。

そんな感じ。



スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »