童友社 桃太郎伝説 PEACHBOY LEGEND 05「浦島太郎」

虐められてる亀を助けて、そのお礼に竜宮城へ招待される。
竜宮城の主「乙姫」から豪勢な持て成しを受けた後、お土産まで貰って帰宅。
しかし、竜宮城と地上では、時間の差が大き過ぎた為、地上で浦島を知る物は誰も居ない。
途方に暮れた浦島は、お土産に貰った「玉手箱」を開けると、煙に巻かれ、老人へと姿を変える。
持って帰る時、乙姫は「絶対に開けるな」と言ったが・・・
じゃあ何でそんな物渡したのかねぇ?
一般的に知られてる浦島太郎はこんな感じでしょうが、調べると色々な形がありますが、分かっているのは、最終的に浦島は老人になると言う事だけ。
竜宮城と地上での時間差が大きく開いてしまったのは、やはり住む世界が違うと言うのでしょうか?
一説では、乙姫と結婚までしていますし、別に玉手箱を渡さなくとも、一緒に暮らしていけば良いと思うのですが・・・
ちなみに、こう言った時間差現状を、浦島太郎にちなんで「ウラシマ効果」と言います。
まあ、物語やSFのような大幅な事は起こりませんが、深海や高度な氷山では、少しばかり時間の流れが違うそうです。
さて、そんな最終的に良い事無しの浦島太郎ですが、こっちの浦島は大丈夫!
童友社 浦島
文武両道!優しき心で虐めは許さん!
ってな訳で、童友社より発売の、桃太郎伝説 PEACHBOY LEGEND(5)浦島太郎です。


童友社 浦島

童友社 浦島

童友社 浦島

童友社 浦島
玉手箱を開けると中身は変化テクター。
竜宮城で作られたかどうは・・・ちょっと分かりませんが、乙姫が持ってきたのは確か。
作中では、乙姫は桃太郎一行の協力者で、情報提供を役割ってる。
玉手箱は「神器玉手箱」と言うそうで「浦島太郎、変化の儀!!」で装着。
キメ台詞はあったかどうか分からない。
さて、画像を見て気づいたでしょうか?
シールがいつもと違い、薄く色の良い物に変わっております。
着き易さは若干良くなった物の、それでも剥がれる事は変わりません。
目の焦点も合ってきており、進歩が伺えます。
造形も悪くなく良い感じですが、顔が若干惜しい気がします(シールのせいでは無く)
童友社 浦島

童友社 浦島
今回、目のシールに遊びが足りないのか、若干面白みが欠けます。
まあ、ここら辺は塗り描きで何とかしなきゃならんでしょうな;
オプションで、お供の亀が付いてきており、武器に盾と釣竿が付属。
先端の部分はハンマーかと思いきや、何と爆弾と言うデストロイな釣竿です。
糸の部分は針金で再現されていますが、竿、爆弾のつなぎ目が、しっかりとした固定式でない為、すぐに下に垂れ下がってしまいます。
全体的に、武装や造形も良い感じで悪い部分はあまり見当たりません。
金に続いてお供を付けるなら、桃太郎もやってくれって感じです。
まあ、シールだけでも変えて来た事は、大きな進歩でしょうね。
ちなみに、浦島太郎の中の人は「左手は添えるだけ」の人で「トラウマ持ちの忍者蛙」です。