童友社 桃太郎伝説 PEACHBOY LEGEND 08「一寸法師 鬼面変化」

え~、一寸法師とは・・・
子供の出来ない夫婦が神頼みをした結果、子供を授かったのは良いが、身の丈一寸で成長しない子供が生まれ、一寸法師と名づけられた。
やがて一寸法師は、京へ行き武士となる為、大きな屋敷で働く事に・・・
その屋敷の姫と宮参りの最中、鬼が襲来し、姫がさらわれるのを防ぐ為立ち向かったが、鬼に食われてしまう。
しかし、一寸の身の丈を利用し、腹の中で大暴れ。
鬼は降参し、打ち出の小槌を落として逃げていく。
そして、打ち出の小槌を使い、一寸法師は一般人の大きさになり、姫と結ばれましたとさ。
ちょっと端折ってこんな感じですが、調べると、実際は・・・・ちょっと黒いなぁ;
そんな訳で、今回はこちら。
童友社 鬼面変化
童友社より発売の桃太郎伝説 PEACHBOY LEGEND(08)一寸法師鬼面変化です。


童友社 鬼面変化

童友社 鬼面変化

童友社 鬼面変化

童友社 鬼面変化
全体的に良い感じに纏まっており、後期シリーズでは一番の出来だと思います。
後期ではね・・・
童友社 鬼面変化

童友社 鬼面変化
顔は、形状が少々変わりますが二面式です。
つぶらな瞳が素敵w
童友社 鬼面変化
武器は大型の槍と鬼と面が書かれた大槌です。
良い感じの大きさで、腰の二の刀と合わせて、武器の豊富さはシリーズ一でしょう。
槍は背中に装備可能で、スプリングギミックが付いてます。
童友社 鬼面変化
付属として大判が、実は大槌の中に入れる物です。
しかし、一度入れると出せないし、ちゃんと作りこんでるので大槌には入れず置いてます。
どうせなら、入れても出せるようにして欲しかったですね。
劇中の一寸法師って、印象に残ってないんですよねぇ・・・
ちなみに、この鬼面変化は最終回辺りで登場した一発物。
一寸法師が破棄されていた鬼兵士の残骸に潜り込み、打ち出の小槌の力により変化した姿。
でも、活躍した姿も印象に無いなぁ・・・
まあ、古いやつだしw


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




Translate »