ゲームセンターCX~有野の挑戦状~

20071116.jpg

「フジテレビ721」で放送中の「ゲームセンターCX」
お笑いコンビ「よゐこ」の「有野晋哉」が古き懐かしいゲームにチャレンジして行く番組。
しかし、有野の腕は鈍く、数々のゲームをクリア出来い事もあった。
そして、その無念の思いがDSに宿り、ゲーム魔王「アリーノー」を生み出してしまった。
ゲーム魔王アリーノーはDSを使い、世界中のDSプレイヤーに挑戦状を叩き付けた。
ファミコン登場時の80年代に送り込まれたプレイヤーに、数々の挑戦状が待ち受ける。
アリーノーの挑戦をクリアし、無事に元の世界に戻るのだ!
と言う訳で、買ってきましたCX。
まず、どう言うゲームかと言うと、80年代に飛ばされ「少年有野」の協力で、出される挑戦をこなして行くと言う・・・
まあ、上記の通りですね。
上画面がゲーム画面、下が少年有野の部屋や、文章等。
タッチペンでも出来ますがボタンも使える安心設定。
まあ、挑戦中の下画面はタッチペンをちょっと使いますが;
スタートは80年代と言う事で、ファミコンチックなゲームからスタート。
ちゃんとその時代に発売されたソフトとして作られており、懐かしい感じになっております。
挑戦をクリアして行くと、その時のゲーム雑誌が増え、チャレンジ中のゲームの攻略やウラワザなどが掲載されてる。
ちゃんと雑誌を意識した作りになっており、ただ見るだけでも面白い。最終挑戦をクリアすると、次のソフトへと移る事になる。
ゲーム中に出てくるソフトは、シューティングやアクション、RPGまでも登場する。
時代設定と合わせて、これらゲームもファミコンからちゃんと進化する細かさもある。
挑戦が終了したゲームは、後で何度でも遊べるようになる。
また、タイトルには「やり込み」の項目が出現する。
しかし、ストーリーとは違い、一部ウラワザ等が使えなくなる。
他にも、まだ隠された所はあるものの、まあ、一度目なのでこんな所。
感想ですが・・・
まずはゲーム開始時のプロローグ。
番組中のナレーションの人を、そのまま使用。
番組と変わらない喋りでニヤリとしましたw
そして、部屋で雑誌やソフトを取りに行く仕草は、誰もがやったことあると思います。
その再現に思わず笑ってしまいましたw
そして、ゲーム中で出る有野の声。
少年有野がただのキャラでは無く、一緒にゲームしてる仲間として感じる所。
まあ、人によってはちょっと気になったりするでしょうが;
とにかく、昔、友達とゲームやってた感覚が味わえる、懐かしいゲームになってます。
まあ、一言言うとすれば・・・
先に挑戦を全てクリアしないと、安心して遊べない所が残念かなぁ~
まあ、ストーリー上仕方ないですからね;

ゲーム

Posted by R