BACCANO!(バッカーノ!)

1931年12月30日
大陸横断鉄道 特別特急号「フライング・プッシーフット号」は、シカゴを出発しニューヨークへ向かう。
列車は順調に進み、乗客達は快適な旅をしていた。
しかし、偶然乗り合わせた奇妙な面々が騒ぎ出した時、快適な旅は一変する。
果たして、列車は無事にニューヨークへと辿り着けるのか・・・・
20080318.jpg

原作は人気のライトノベル。
不死者となれる「不死の酒」に関わった者達の波乱万丈な話である。
アニメ化もされ、この度、DSよりソフトが発売となった。
まあ、アドベンチャーですが小説には変わりないですが;
さて、バッカーノは1930年のニューヨークから始まるのですが、DSではその一年後が舞台となる。
物語の中心人物は四人。
顔に剣の刺青をした不良グループの泣き虫リーダー「ジャグジー」
快楽殺人者の白服集団のリーダー「ラッド」
黒服集団「幽霊(レームス)」のリーダー代行「グース」
天下無敵のバカップル「アイザック&ミリア」
この四人を中心に、物語は進んでいく。
タイムチャート機能で、時間系列別にシーンが分かれており、一度読んだ時間を何度でも読み返す事が出来る。
また、選択肢によってはストーリーが変わったり、多数のエンディングが用意されている。
バッドエンディングには、終了後に助言が出現する。
タッチペンアクションも在り、多少のゲーム性は持っている。
まあ、システムで特に注目する所も無いので、ここら辺で・・・
さて感想。
サウンドノベルを買ったのはこれが・・・2回目ですかね。
私はアニメから見たのですが、ライトノベル系で初めて面白いと感じましたね。
それなら、単に原作を買えば済む事ですが、DSではストーリーに追加が在るので、こっちを買いました。
まあ、列車編しか出ないだろうで、どの道原作も買わないといけませんね。
発売に予約して買ったのに、今頃ちょこちょこ動かしてます;
OPは、アニメの列車編の一シーンを繋げた物になってます。
ただ、DSを縦持ちにするので、若干見え難いです。(DSが旧型だからかも知れませんが;)
後、時間毎にストーリーが分割されているのに、選択肢により出現したストーリーが消える事。
どう言う事かと言うと・・・
10あるストーリーの内、1~5まで進み、5のAとBの選択肢まで来たとする。
最初にAを選び、そのまま6~9と話を進める。
そして、途中でBの選択肢が気になり、タイムチャートで5まで戻ってBを選択する。
すると、Aルートで出現させた話が全て消え、また一から読み直しとなる。
という事は、タイムチャートによって時間毎にシーンを区切り、自由に読み返せる意味が無いのでは?
一回で全部見れないのは分かるが、それなら従来と同じように、始まりから終わりまでを、きちんと見せるようにして欲しい。
タイムチャートじゃなくて、ルート経歴で良いんじゃないか?
選択肢までスキップが使えるにしろ、二度手間はちょっとねぇ・・・
まあ、最近のサウンドノベル系はよく知らないんで、何言ってんだ?と思ったら黙殺でお願いします^^;(その前にちゃんと伝わるかどうか・・・)
分かる通り、ゲームでは無く小説なので、作品に興味を持った方はどうぞ。
まあ、実際は原作買った方が安いですがね;

ゲーム

Posted by R