金色のガッシュ!原画紛失騒動。

ネットでちょこっと聞いた話ですが、サンデーの人気漫画「金色のガッシュ!」の作者「雷句 誠」が、連載終了後に「小学館での連載は今後無い」と言ったらしいと聞きました。
編集側と漫画家側が揉めるのはよくある話で、後にネタにしたり事も・・・
しかし、こう言った事は漫画家側が縁を切る形で終わるらしいです。
まあ、ここまではネット上で聞く噂程度ですが、TV見てたらびっくりしました。
雷句氏本人がニュースに出てました。
どうやら、小学館が連載初期のカラー原稿を五枚も紛失したそうで、それが後々に発覚。
雷句氏は提訴に踏み切ったそうです。
原稿、それはどんな漫画であっても作者が一生懸命描いた物で、作者だけでなく、作者を支えるアシスタントと作り上げたチームワークの結晶でもあったりする訳です、多分。
まあ何にせよ、作ってもらった側が作った物を無くすと言うのは作った側を軽く見ていると言う訳です。
物は違いますが、商品の管理に関しては厳しく教えられてましたからねぇ・・・食品でしたが。
とりあえず、管理体制の悪い出版者は反省して欲しいですね。
※追記
雷句 誠公式ブログにて、今回の提訴について詳しく書かれています。
そして、その中で雷句氏によるサンデー編集部の実態、編集者のあり方が書かれております。
本来、こうした文章は公とする事はまず無いと思いますが、公式ブログでの公開に踏み切ったと言う事は、かなり本気だと言う事でしょう。
後にある、読者からの質問コーナーを見ると、楽しそうに書かれておりますが、今回の事は残念ですね。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




Translate »