「最上の名医」「焼きたてジャぱん」の作者「橋口たかし」偽者疑惑。


スポンサードリンク




「金色のガッシュ!」の作者「雷句 誠」氏の小学館への提訴。
そして、本人の公式ブログでの「週刊少年サンデー」編集部の暴露記事(正確には陳述書の内容)
この行動に、賛否両論が雷句に届いており、殆どが業界関係者を含むファンからの応援である。
しかし、批判はあるものの、現時点では十数通とされている。
その中で、サンデーで「最上の名医」を連載中の漫画家「橋口たかし」氏が、この件に関しての批判記事を掲載していると言う情報があった。
橋口氏は、公式サイトやブログを持っておらず、この騒動で急遽立ち上げたらしい。
しかし、批判記事はすぐさま削除され、数日後、忽然とブログが消えた。
雷句氏は、批判記事に対して(雷句氏は直接は見れなかったそうです)自分の意見も聞いてもらおうと、コメントを送ろうとしたが、偽者らしいと言う話を聞き、サンデー編集部へ問い合わせた所、同じ時期にブログが閉鎖したらしい。
その後、またもや橋口氏の名前で、ブログが立ち上げられ、先のブログは偽者だったと書いている。
一度偽者が出現した為、今のブログも橋口氏本人である可能性が低いと見られている。
また、雷句氏は橋口氏とは直接会える術を持たず、現時点ではサンデーを通してしか連絡を取れないそうです。
いや~、この騒動からまさか橋口氏まで巻き込まれるとは・・・
一度偽者が現れた以上、本人と確認させるには、実際に作業中の写真を載せるか、雷句氏に連絡を取るかの二つでしょうね。
ちなみに、雷句氏の行動により、また新たに業界裏の暴露をした、漫画家がいるようです。
今までは、実際にあっても漫画のネタとして使われて来たそうですが、もうネタで済ませない所まで来てるんでしょうかねぇ・・・・
ますます気になりますね、この騒動。



スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »