ハドソンPCEベストコレクション

前から公式があるのですが、書こうと思って忘れてたので・・・
「PCE」とは何ぞや?
正式名称を「PCエンジン」と言い、昭和80年代のファミコン黄金時代に登場したゲーム機(正確には87年発売)
ソフトはカセットやフロッピーでは無く、カードタイプになっており、高いグラフィック性能とアニメーションを誇っていた。
その後、CD-ROMが使用出来る周辺機が登場。
まるで合体ロボのように追加されたが、後にツインファミコンと同じように全機能を一つとしたタイプも出ている。
PCEのカードがそのまま使える携帯機まで登場し、今考えるとPS2とかWiiのソフトをDSやPSPでそのまま使うような良い使用である。
その後、当時としては珍しい縦置き型のPC-FXに移行したが、99年に開発が終了となった。
現在では、Wiiのバーチャルコンソールにて、PCEのゲームが購入可能jとなっている。
さて、PCEベストコレクションは、言わばナムコミュージアムやコナミコレクションなどのレトロゲーム集だが、ハドソンのソフトは意外と人気が高く、シリーズが終了しても多くのファンを持つ。
今動いてるシリーズって、ボンバーマンと桃鉄位でしょうか?
ベストコレクション第一弾は「天外魔境」と「銀河お嬢様伝説ユナ」の二タイトルが同時発売。
天外魔境は、1と2の移植がDSやX箱に出てますね。
収録タイトルは1と2とカブキ伝二作の計四作に加え、イラストギャラリーが収録されている。
天外魔境は基本的RPGですが、カブキ伝の内一つは何故か格闘アクションになっております。
その他天外シーリーズは、格闘が二作、RPGが三作在り、多分コレクションで出ると思います。
まあ、案外早い内に発表されるんじゃないでしょうか?
続いては銀河お嬢様伝説ユナ。
私が知ってるのは「横山 智佐」と言う事しか知りません。
今何やってるんでしょうね?最近ではスパロボAポータブルの宣伝しか知りませんね。
それはさて置き、この作品は美少女ゲームの先駆けとなった作品で、OVAやCDドラマなど展開していた。
収録は1と2、そして・・・・・銀河婦人警官伝説?なんだこの変化球は・・・・
えっと;アドベンチャーゲームの1と2に加え「銀河婦人警官伝説サファイア」と言うシューティングゲームが何故か収録されてます。
それと、こちらにもイラストギャラリーが追加。
ユナ自体は全四作あるようですが、正直イラストギャラリーとシューティング省けば一本で全部入るんじゃないのかと・・・・
とまあ、ざっと紹介してみましたが、発売日が今月31日と、気が付けばもう発売ですよ。
個人的には桃太郎電劇とPC原人を何とかして欲しかったり・・・
そんな感じね~


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




Translate »