蕎麦る


蕎麦って、実は噛まなくても消化に良いからそのまま飲み込んでも良いんですよ。
と、蕎麦研究の第一人者が言ってたのを思い出しました。
普通に知られている蕎麦の食べ方は、蕎麦をつゆに付けて音を立てて食べる。
それが粋な食べ方と、まあ言われているそうですが、実はその食べ方では単に雑音を出して食べてるだけで、蕎麦の良い食べ方とは言えないそうです。
では、良い食べ方とはどんなのか?
まずは蕎麦を一口分だけつまみ、つゆには半分だけ付けます。
そして、口の中へ一息ですすり、二、三回噛むだけで飲み込むそうです。
一気にずるずる食べてた人には、大変つまらない食べ方だろうし、何よりよく噛んで物を食べなさいと教えられてきたので、疑問に思うでしょうか、これにはちゃんと理由があるのです。
まず、蕎麦は本来歯応えを楽しむ物ではなく、香りと喉越しを楽しみ味わうそうです。
そして、上記で書いた通り、蕎麦は消化に良いので噛まなくても良い。
よって、先ほどの食べ方が良い食べ方と言う事になります。
まあ、そんな事より自分が好きな食べ方の方が良いですよね。
とは言え、一度この食べ方をしてみると、いつも食べてる蕎麦より少し違った見方が出てくるのではないでしょうか?
後、一口とは言え喉を詰まらせないように注意して下さい。
で、何で蕎麦な話をしてるかと言うと・・・まあ、昼に蕎麦食べて思い出したからですよ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日記

Posted by R