危機的状況に嬉々とする人

余震が続く中、買い溜め現象もやや収まりつつある今日この頃。
東北では今だ被害状況が回復しません。
それよりか新た問題も露になる始末。
私の職場の方では中国の方が数人働いていましたが、原子力発電の事故により本国へ緊急帰国しております。
また、放射能漏れのせいで、東北にある同じ系列の職場では次々と人が止め、県外から求人を募集すると言う事態にまで発展。
細かく見ると限が無いですが、春まで目前です。
が、春を迎える準備はまだまだ出来そうにも無い状況と言うのもまたしかり。
東北で避難所生活を続ける人々に各地から募金や救援物資が集められ、また海外からも同様に募金などが集められ、災害に対して世界が一つとなり助け合うと言うのは本当に良い事だと思います。
しかし、この災害を嬉々と見る者達が居る事に、私は遺憾に思います。
私の周りでは、地震当時に東京周辺で帰宅難民、建物破損など被害が出てましたが、ある知り合いが「スカイツリー倒れなかったね、倒れたら面白かったのに」と笑いながら言ったのには流石に笑えなかったですね。
まあ、冗談なんですが、あまりねぇ・・・
ネットでは災害に対してイラストで応援する方々が居ますが、その反面、災害をネタにして茶化す方もおります。
ネタの質と共に笑えない話です。
そんな中、事もあろうか津波を「天罰だ」なんて言うお偉いさんがいる事に耳を疑いました。
発言に撤回をした方も居ますが、津波を天罰と発言したのに対し何をもって天罰としたのか?
そもそも、神なんてのは人が何かにすがりたいが為に作り出した偶像にしか過ぎないと言うのが私の考えです。
もし神が存在し、天罰を与えるのであれば、こんな世の中も人類も存在しません、させないでしょう。
津波は天が与えた罰でも試練でも何でも無く、単に自然災害です。
被害に遭われ命を落とした方々は悪人でも罪人でも何でもありません、ある者は未来を担う子供であり、ある者は希望の道が開けた若者であり、ある者は新たな生活を向かえるはずの夫婦であり、ある者は次の時代にバトンを渡す老人であったり・・・
そこには様々な人々が居ましたが、天罰を食らうほどの何かをしましたか?
一人の悪人に災いが降りかかるならそれは天罰と言えますが、津波や地震による被害は天罰なんてものでは到底ありません。
天罰って何?天罰って神が無差別に行うものなのか?
それはもう天罰でも何でも無い、ただの虐殺である。
まあ、そんな心無く津波は天罰だなんて言う奴に天罰が下ると思いますがね。
また、これだけに留まらず、これは良くある話しですが、募金を利用した詐欺なんかも横行しています。
有名な話としては、募金と称して集めた金を寄付しないで自らの利益としたりする所もあるそうです。
町で募金をしているからと言って、むやみに募金を行わず、それが正しい所かどうかを見てから募金する必要もあります。
最近では、学生が募金活動で集めた金額を奪う輩もいるそうで。
なんでも、誰に断って商売しているのかと因縁を付けて来て殴って一万円ほど奪って行ったそうな。
募金は商売なのでしょうか?その輩は募金を商売にしていたのでしょうか?
疑問に残りますが、募金をする人、集める人はこう言った被害に気を付けていただきたいですね。
海外でも同様の件があるか知りませんが、どうにも頭の痛い話しです。
そんな感じ。

日記

Posted by R