水曜どうでしょうの失態

北海道の星「大泉 洋」がブレイクするきっかけとなった番組。
「水曜どうでしょう」
北海道ローカルで深夜バラエティでありながら、高い人気を誇り、全国放送で一気に火がついた。
その内容は、スタッフ二人と出演者二人だけの計四人で日本や海外を旅するのが大体の企画。
出演者二人に加え、プロデューサー、通称「ヒゲ」がトークをしながら旅の様子を放送する。
しかし、ただの旅ではなく、日本縦断やカブでベトナム縦断、四国八十八箇所巡りなど、短いスケジュール内では無謀な企画に挑戦している。
だが、現地の下調べなどが完璧でなかったり、途中で時間を取られる事で、ゴール出来ない事もしばしば・・・
9年間に渡る放送は、2002年に一旦幕を閉じ、今では一年間隔の不定期で新作が放送されている。
ちなみに、放送時間は三十分の番組である。
さて、そんな行き当たりばったりを繰り返してきた水曜どうでしょう。
実は、その企画内で重大な違法行為を行っていた。
それは、カブで日本縦断企画の時、立ち寄った鳥取砂丘で砂を持ち帰った事である。
鳥取砂丘の砂は、自然保護区域に指定されており、砂の持ち帰りが禁止されている。
この件が発覚したのは、最近鳥取で放送されたの見た視聴者が、役所に問い合わせた事。
しかし、事件は七年前の放送で、視聴者プレゼントになってしまったとの事で、砂の回収はほぼ不可能。
これからどう対応するのかが問われる事となる。
まあ、情報不足は一種の名物だったが、まさかこうなるとは・・・
しかし、砂ぐらい良いではないかと思うものの、自然は大切にしないといけないなぁと・・・
観光地へ行ったら皆さんも気をつけましょう。

日記

Posted by R