東京ゲームショウ2011


スポンサードリンク




100_2497.jpg 

やって来ました今年も今年。東京ゲームショウ2011とな~り~。

 
100_2496.jpg 

看板の前には各ゲームの幟が風を受けはためいてました。

 
100_2498.jpg 

本当は全体を撮ろうとしたのですが、スタッフさんがいたので片方だけ。

こんな感じなんよ。
 
さて、今回はツイッター実況を試み、とーくじらなるツイッターサイトを使ってみましたが、使用している携帯があまりツイッター向きでは無いので、断片的にしか呟けませんでした。

そしてデジカメは開始直後に電池が無くなると言う、なんとまあ・・・・こっから画像なしです・・・orz


早朝も早くは3時に起床。
タイガー&バニーを見てる人は大体寝る時間です。
しかし、最終回オールナイトイベントがあったそうで、タイバニイベント→TGSの不眠コンボを行う猛者が多かったみたいです。

そんな事はさておき、始発の関係上、出発は5時。
幕張メッセがある海浜幕張に近づくに連れ、人口密度が一気に増える。
駅に着くと待てなかったのかダッシュで電車を出て階段を一気に降りていく人が続々・・・
気持ちは分かるが怪我の元、大惨事になるので、駅でのスタートダッシュは止めましょう。

会場は幕張メッセに着くと、かなりの人の多さ。
例年より大い気がしたと思ったら、実際に今年は22万人の来場者を記録したそうで。

そんな中買ってて良かったサポーターズクラブチケット。
スタッフにチケットを差し出して整理番号をゲット。
しかし、次のスタッフによりまだ乾いてない整理番号を消されるピンチ。
辛うじて番号が分かったものの、これで分からなかったらどうしてくれようかと・・・・

サポチケ側は入り口から近い日陰の場所となり、暑さを凌げる場所となります。
で、時間は6:40分位だったので、ワンセグにてデジモン~仮面ライダーフォーゼまで視聴。
他にもPSP、3DSと持ってきたが、見るTVがあるだけで時間がかなり潰せる。

TGSはゲーム、ステージイベントだけでなく、コスプレも醍醐味の1つ。
とあってか、待機列ではすでにコスプレ完了の人がちらほらと。
しかし、いくら日陰とは言え蒸し暑い状況でのコスプレは更に過酷を極める。

で、列が移動し始め、9時半には会場入り。
真っ先に向かったのは突然の発表にてファンを驚かせた「モンスターハンター3G」の整理券。
シングルとマルチプレイの2つがあったのだが、前回「モンスターハンターポータブル3rd」ではマルチプレイをやったので、今回はシングルを選択。

整理券配布は入場と同時行われ、注目の高いイベントだと入り口に設置される。
しかし、入り口だと一人で複数の整理券を取得できないので、自分が一番行きたい所の整理券を選ばなければならない。
そんな整理券だが、モンハンと同時に、スパロボスペシャルライブの整理券も入り口にて配布されてた事を直前で知ったのだ。
まあ、ステージイベントは見ようと思えば多少条件の悪い所からでも見れるので・・・

会場入りが9時半で、整理券の時間が10時10分だったので、1つぐらいなら回れると散策開始。
コナミブースにてGREEの限定カードが配布されてたので、友人に頼まれたGREEのカードをゲット。
内容は「ドラゴンコレクション」「戦国コレクション」「秘書コレクション」の3つ。
秘書コレ以外は22日までの期間限定・・・って短くね!?
まあ早い内に渡してやろうと思って今日まで連絡なし・・・どうすれば良い?

コナミのGREEカード配布が思ったより時間がかからなかったので、次に行ったのはセガブース。
ふらっと配布に釣られた先が「リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産」

舞台はパリ。
郊外に住むラルフは、極普通の少年である。
三年前に父親が失踪してしまい、残された手がかりは金貨に描かれたある紋章であった。
その紋章は様々な美術品に刻まれており、ラルフはその美術品を盗んでは数日後に元に戻していた。
そんな彼は怪盗としての顔を持ち「怪盗R」と呼ばれていた。
失踪した父親の手がかりを求め、怪盗Rはルーブル美術館を目指す。
と言う話。

ゲームは音ゲーに分類されるが、ストーリーあり、アニメーションあり、そしてフィールド移動やシミュレーションパートなど、音ゲーの部分を除けばもろレイトン教授。
つまりはレイトン教授のナゾトキを音ゲーにしたゲーム。
ついにセガまで乗り始めたか・・・

タッチペンにて音ゲーパートを操作する。
ノリの良い曲やリズム感が良い反面、アドベンチャーパートでゲームのテンポが若干悪く感じた気がする。
まあ、急いでたと言うのもあるが・・・
リズム怪盗ではオリジナルトートバッグが貰えました。
いい時間になったので、モンハンの試遊コーナーへ。
整理券が荷物の奥に行き、かなり焦ったがなんとか試遊へ行ける事となった。

さて、モンハン3DSだが、3D画面でのプレイは立体感があり迫力は良い物ですが、PSPに慣れてる人にとっては、十字キーとアナログパッドの位置が上下逆になってるので慣れない操作に戸惑うだろう。
しかし、タッチパネルには方向転換、アイテム、ターゲット補足などタッチで使える機能がある為、プレイのしやすさは若干上がるだろう。
上級者用討伐イベントに挑んだのですが、時間内のでの討伐は失敗。
その後オリジナルバッグを貰うが、中身に白い跡が付きまくりでちょっと残念だった。

その後は配布物回収とかイベントを見たりしたが、よくよく考えるとゲームプレイはほとんどしてない。
と言うか、会場はもうパンパンだったので並ぶのも一苦労・・・

イベントはバンダイブースでテイルズ、アイマス、マクロス、スパロボのイベントがやっており、特にアイマスからスパロボまではライブがあったので相当な盛り上がりを見せていた。
マクロは新たに何かするそうで、スパロボは20周年記念イベントを発表し盛り上がっていた。

で、今回レベルファイブは参加無し。
というか、新作ゲームの展示はソニー、カプコンなどに委託。
レベルファイブ自身は10月に単独イベントをするので、その為の不参加だと思われる。

毎度おなじみ小規模のファミ通ブースでは、今回みずしな孝之氏の「しなハウス」が復活。
ゲーム業界の方を招いてのトークショーなどで盛り上がるが、午後の部で、東京ゲームショウで唯一ブレーカーが落ちると言う奇跡を起こす。
ゲームショウですよ?ブースのブレーカーが落ちるってw

電気復旧でイベント再開。
キネクトでのレーシングゲーム。みずしな氏は腰を痛めてプレイ出来無い代わりにアシスタントのフジイ氏がプレイする。
新感覚に興奮するフジイ氏だが、途中で私は眠気に襲われそのまま眠ってしまい、途中からは声しか聞いてなかった訳で・・・
気がついたらゲームは終了、次の時間までかいさ~ん。

お腹が空いたらスニッカーズ。
とは言うものの、今回も高めのお昼ごはんと飲食コーナーへやって来ました。
が、今年の飲食コーナーは一味違った・・・
通常の飯屋に紛れてスクール水着でコスプレしたコンパニオンがおり



スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »