機動戦士ガンダムAGE

始まりましたガンダムAGE。 アスノ家三代に渡るガンダムの物語。

と、言う訳で、巷ではガンダムAGEの玩具展開が始まっております。

その中の1つで最も力を入れてるのが「ゲイジングバトルベース」 かつて「コミックボンボン」と言うマンガ雑誌が存在した頃、ガンダムの最新情報や玩具、ゲーム展開などを取り上げ、プラモ展開においては実際にプラモを取り込んで画面の中で戦わせる「プラモシミュレーター」の開発などもやっておりました。
だが、ガンダム野郎やガンダム狂四郎、プラモウォーズなど、プラモシミュレーターを使った漫画は連載してたものの、現実には我々が触れるほどの物は出来ませんでした。
 
がしかし!
 
そんな事から現2011年、遂にプラモ、またはフィギュアを読み込ませて戦わせる事が出来るアーケードゲームが登場したのです!
ただし、チップを内蔵させて、そのチップを認識させる事でゲーム内に登場と、まあ理想とは違う形となりましたが、私はこれを土台に進化させて行く行くはプラモシミュレーターを完成させて欲しいと思いますよ。
 
さて、組み換え式のゲイジングビルダー(GB)と簡易プラモのアドバンストグレード(AG)とありましたが、私が即買ったのはガンダムAGE-1の起動キーアイテム「エイジデバイス」

エイジデバイスには通常版とGBコア「AGE-1」のレッドカラーが付く初回限定版があります。

この初回特典にガンダムAGE-1「タイタス」または「スパロー」のパーツを付けると、通常のコアより異なるパワーを発揮するそうです。

と言う事は、アーム、レッグもこう言った限定版が出るようですね。

それはさて置き、コアが赤い事でタイタスパーツにカラーリングがマッチするのは良いですね。
タイタスパーツ買ったらレビューとかしてみるかな?

で、肝心のエイジデバイスの方ですが、ゲイジングビルダーを使わずデバイス内のゲームのみでポイントが貯めれるのですが、肝心のミニゲームでの獲得ポイントが何かシビア過ぎる気がします・・・

一ゲームを全部クリアしないとポイントが貰えず、またそのポイントが「2」とかちょっとそれは無いんじゃないか?
と思います。

せめてレベル3で失敗したらポイント1とかその辺でして欲しかったですね。

頑張ってクリア出来たのは連打のゲームのみ。

エイジデバイスでポイント貯めるのは厳しい感じですかね。
まあもうちょっと頑張ってみますよ。

後、音声は以外にクリアに聞こえて良い感じでしたが、この手のアイテムのサウンドって音量調節出来ないのが残念。
デジモンクロスローダーは、音量調節可能な他に、液晶カラーでアニメも充実とかなり出来の良いアイテムでしたけどね。

ま、この後控えてる「ゲイジングハロ」がありますから、ハロとの連動次第ですかね。

一話もなかなか面白いのでAGEに期待したいですね。

そんな感じ。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




Translate »