ユニコーンガンダムMG化決定。

MGシリーズで、こう言う変形は初じゃないでしょうか?
いや、前例があるとしたら「シャイニングガンダム」でしょうかね。
と言う訳で、ガンダム00がまだ新しい中、小説で展開中の「機動戦士ガンダムUC」から主役機であるユニコーンガンダムがMG化決定。
まず、ガンダムUCとは何ぞや・・・
「機動戦士ガンダム」から劇場公開「機動戦士ガンダムF91」までの時間系列を「宇宙世紀(UC)」と言い、ガンダムUCは劇場公開「機動戦士ガンダム~逆襲のシャア~」から三年後を描いた世界となっている。
タイトルのUCは、宇宙世紀系列である意味がこめられてるが、もう一つの「ユニコーン(UC)」
つまり、主役機ユニコーンガンダムの意味も込められている。
で、このユニコーンガンダム、名の通り聖獣ユニコーンをモチーフにしており、一本角が額についてる。
しかし、この機体はあるシステムを発動する事により、全身の装甲が展開、角が二本に開き、顔がガンダムへと変わるのだ。
その脅威の変形ギミックを、MGで再現しようと言うから驚きだ。
感じとしては、シャイニングに近いと言ったが、シャイニングより細かい装甲展開になるので、どのように再現されるか楽しみである。
一部差し替え?それとも差し替え無しの完全変形か?
後者なら間違いなく買いですねw
予定は12月と、今から楽しみですなぁ。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




Translate »