スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 感想


スポンサードリンク




見てきました。

その前に、本日朝はニンニンジャーVS仮面ライダードライブ合体スペシャルがあったのですが、去年のトッキュウジャーVS鎧武のように単なる合体スペシャルではなく、映画に繋がるスペシャルとして放送されてました。

本来なら映画公開に合わせて放送されるはずでしたが、一週放送中止になったためズレての放送のようです。

スペシャルではニンニンジャーがドライブの世界に迷い込んだ事が描かれているので、映画で突然現れても多少の説明が付きます。

ドライブパートではニンニンジャーが現れた事によって起きた異変はショッカーの計画の前兆として描かれており、3号も登場、そしてEDはなんと劇場主題歌と言う正にスペシャル仕様でした。

そんな朝の高まった特撮魂を持って映画へといざ参った訳ですが・・・本当に参ったわw

何が参ったかと言うと、及川光博、倉田てつをなどの俳優陣、マッハVSファイズ、カブトVSファイズの超加速対決、橘さん以外は声で出演ブレイド陣とあるのですが、一番驚いたのはあの「井手らっきょ」があの役で出てた事。

エンドロールを見るまで井手らっきょと気づきませんでしたが、何故話題に上らなかったのか?

まあ、芸人でありたけし軍団でありランナーであり全裸になる人ですからね。

どこで出たかはこれは見て欲しいですね。

で、内容ですが、元々仮面ライダー3号はV3以前のボツ案だそうで、デザイン、設定が出来ていたにも関わらずお蔵入りとなったライダーだそうで、今回の3号もそれを表すかのように存在の証明を得るために戦う描写がありました。

ドライブの他にメインとなるのが3号、ゼロノス辺りで、BLACKは要所要所、ファイズは気まぐれと言う感じでストーリーに関わりますが、ギャレンは・・・・どこぞの校長を彷彿させる身代わりの早さw

クライマックスでは歴代ライダーと怪人達が入り乱れての大バトルとなりますが、ショッカーの歴史改変ビームでライダーがいくらか減らされると言う、これは新たな予算削減方法なのか?

ニンニンジャーの登場はTVスペシャルとの直接的な繋がりは無く、TVスペシャルの歴史改変装置の影響で現れたと言う設定を先に見たので、多少の違和感は無くなって見れました。

それでも強引な乱入には変わりないですけどねw

そして目玉であるシュリケンジントライドロンですが、トライドロンがドライブ忍シュリケンでオトモ忍へと变化、シュリケンジンと合体で誕生しましたが、あれってプレバンで出ないんですかね?

DX合体仕様ならシュリケンジン買わんといかんw

メインとなるライダーGPは久々にバイクをおもいっきり走らせるライダーを見れたり、他にも色々と見どころがあります。

TVスペシャル→映画となるのですが、実は映画で完結する訳ではなく、web配信の仮面ライダー4号まであるので、完結にはもうちょっとかかるようです。

まあ、3号だけで良いなら映画で十分ですけどね。

そんな感じ。



スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »