TAMASHII NATION 2010


スポンサードリンク




日曜の話。
魂ネイション2010に行きましたが、撮影禁止の為、画像が一切有りません。
まあ、一応そのレポートを軽く紹介。
まず、今回はイベントとしてタンポ印刷体験とロケットパンチ撮影。
チケット一枚に対しどちらか一方を体験出来ます。
私はタンポ印刷を選択。
タンポ印刷は、来場特典である「ROBOT魂MINI RX-78ガンダム」のシールドに、魂ウェブのマークを印刷します。
その印刷の仕組みをスタッフから説明をしてもらいます。
印刷したシールドは勿論自分の物で、乾かすのに半日は置いておく必要があります。
ROBOT魂MINIは、頭、肩、手首のみ可動します。
で、展示の方ですが、S.I.Cシリーズには電王が勢揃い、注目は幽鬼、NEW電王ベガフォームが参考展示。
次に仮面ライダーWが参考展示で、アクセル、スカルのデザイン画が展示。
そして昭和ライダーではスカイライダー、ZXのデザイン画もありました。
S.H.フィギュアーツでは、今までに発売されたライダーシリーズが展示。
そして、早くも仮面ライダーオーズがコンボ形態と亜種形態の両方で展示。
展開としてはWのサイクロンセットなどと同様の販売形式ではないだろうかと予想。
その他、仮面ライダーファイズよりファイズブラスター、アクセルフォーム、仮面ライダーWよりアクセル中間形態(トライアルへの変身途中の黄色)アクセルガンナー、CAエクストリーム、ゴールドエクストリーム、仮面ライダーカブトよりカブトマクスドフォーム、仮面ライダーキバよりサガなどが参考展示。
中でも驚くべきが、フィギュアーツサイズで作られた「リボルギャリー」と風都マスコットキャラの「ふうとくん」
ギャリーは分かりませんが、ふうとくんは参考展示と言う事で今後発売させるみたいです。
感じ的にはボン太くんと似たような感じですが、ふうとくんとはやりよるわ・・・
ちなみにギャリーは発売となると5万越えするそうなのですが、既に3万近くのROBOT魂を作っているので出すんでしょうね。
後、初の戦隊物として、シンケンジャーがラインナップ。
五人の他に姫レッドも展示してました、やりよる・・・
次に新ジャンルのD-Arts。
こちらでは既に発表されたオメガモン、メタルガルルモン、そして来月発売のウォーグレイモンが展示。
さらに、参考展示として八神太一、アグモン、テイルモンが展示。
太一とアグモンはセットなのか不明、動くかどうかも不明。
まあ、アグモンは口が動くみたいなので可動はさせるでしょうね。
そして、驚きなのがベルゼブモン&ベヒーモスが展示。
ベルゼブモンと言えば、現在放送中のクロスウォーズにて登場が決まりましたが、展示はテイマーズ版。
テイマーズと言えばデュークモンが人気ですが、まさか先にベルゼブモン・・・しかも専用バイクであるベヒーモスも一緒とは・・・
でもベヒーモスって劇中じゃあまり良い扱いされて無かったね。
そしてもう一つの注目がメダロットのメタビー。
イラスト、原型、そして今回色付きであり、ペースとしては意外に早い制作だと思います。
そして、参考イラスト、原型と比べると、ほるまりん氏のメタビーにかなり近い感じでした。
後、ロックマンXも参考展示。
そしてフィギュアーツではスクライドシリーズを開始。
カズマ、劉鳳&絶影、ストレイトクーガーが参考展示、発売されれば祭りの予感ですw
次にROBOT魂では、ヤクトアルケー、セラヴィーガンダムGNHW/3G、ブレイブ、アストレア白、赤、デナン二機(黒)、ビギナ、ジムスナイパーⅡWD、Vガンダム(ノーマル)ヘキサ、V2、ガンダム(アニメ、平成、デフォルトの三種)ミーティア、デスティニーなどが参考展示と盛りだくさん。
つーか、ファーストに何で三種類も?
個人的にはセラヴィーガンダムGNHW/3Gがとても気になります。
なんせセラヴィーにセムと言う無人MSを二機追加した機体ですからね、もうある意味小型の輸送機ですよ。
そして、展開が失速しているSDXですが、今回新たに、クラウンナイトガンダム、剣士ゼータ、武者ガンダム、趙雲ガンダム、聖機兵ガンレックスが参考展示。
さらに、背景には今後のラインナップを思わせるシルエットが・・・
キングガンダムⅡ世、ファイナルフォーミュラー、飛駆鳥大将軍、そしてまさかの真駆参大将軍。
普通は初代大将軍からですが、飛駆鳥はまだしも真駆参大将軍とは完全に予想外です。
しかし、シルエットのみなので今後のラインナップに正式加わるかどうかは今後の展開次第と言う事ですね。
出たらそりゃあ買いますよw
ガンダム意外では、ROBOT魂では、ガンXソードよりダン・オブ・サーズデイ、ゼーガペインよりアンチゼーガ二体、重戦機エルガイムよりエルガイムとMk-2、フルメタルパニックよりレーテバインが参考展示。
アンチゼーガはぜひアルティールと並べたい所、そしてゼーガタンクはまだか?
さらに新ロボットアニメ「STAR DRIVER(スタードライバー)輝きのタクト」より主役機タウバーンが早くも参考展示。
これに合わせ、SDタイプフィギュアで主人公のツナシ・タクトも展示されたおりました。
アニメまだ見てないんだよね。
ちなみにこれ、敵味方が同じ学校の生徒とか世間が狭すぎでどうなる事なのか・・・
再販が決定済みのガウェインで盛り上がるコードギアスからはモルドレットと鋼髏(ガンルゥ)が参考展示
鋼髏とは、中華連邦が開発したナイトメアフレーム。装甲、武装ともに貧弱である。
すなわちヤラレメカ。
次にスーパーロボット超合金では、GEAR戦士電童より電童と凰牙が参考展示。
データウェポンも付属、超獣王 輝刃は今回は展示なし。
そして勇者王ガオガイガーがガオガイガー、炎龍、氷龍、ボルファッグ、ビッグボルフォッグが一気に参考展示。
合体機構が無い分思う存分可動重視に出来る訳で、今後のラインナップが期待されます。
また、SRWからヴァイスリッター、R-1、2、3と参考展示。
Rシリーズは合体したら最高だね。
今回も色々と新作も多く、驚かされる物も結構ありました。
中でもふうとくんは驚きですね。
後、真駆参大将軍は本当に発売されると良いですね。
で、今回は物販の方は行っておりません。
何故なら、大体買いたいものが受注販売なので、それほど焦る必要が無いから。
受注販売はクウガとワイルドカリスです。
欲しい人は魂ウェブをチェック、後は抽選販売となります。
今回も物販の行列は凄かったよ。
そんな感じ。
公式サイト「魂ウェブ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »